office murakami

Freiburg Germany / ドイツ・フライブルク / 環境 / エコロジー
ジャーナリズム / ツーリズム / リサーチ / コンサルティング
通訳 / 翻訳 / 環境セミナー / 講演 / 環境視察のコーディネート

お知らせ

30

6月

2014

共著の出版『ドイツの市民エネルギー企業』

学芸出版社より、『100%再生可能! ドイツの市民エネルギー企業』が出版されました。

 

共著者:村上敦・池田憲昭・滝川薫(MIT Energy Vision GbR)
A5判・204頁・定価 本体2200円+税
2014年6月発売
ISBN978-4-7615-2573-6
=================================
ドイツの再生可能エネルギー増産を牽引するのは、地域に密着した企業活動。市民が起こしたエネルギー株式会社、エネルギー組合、自治体のエネルギー公社 等、代表的なビジネスモデルを現地のジャーナリストが紹介。エネルギーのしくみを変える社会とは?その実現に必要なことは?エネルギーヴェンデ(大転換) の最前線に探
る。

=================================

 

共著『100%再生可能! 欧州のエネルギー自立地域(学芸出版)』の出版から2年。欧州のエネルギー自立、100%再生可能エネルギー地域を目指す「地域、自治体」をテーマに、事例や背景情報を取り上げた前著でしたが、今回は、エネルギー自立を目指す際、その原動力となっている市民エネルギー企業、市民エネルギー組合、自治体のエネルギー公社など、ドイツにおける再エネ推進の「ステークホルダー」をテーマに、その事例とその背景を本書では描きました。

 

1991年施行の〈電力供給法〉、2000年施行の〈再生可能エネルギー促進法(EEG法)〉というドイツにおける再エネ電力の買取制度(FIT制度)がはじまってからすでに10年以上。その間、再エネ設備を着実に設置するために投資を行ってきたのは、電力大手ではなく、とりわけ市民、農家、中小の地域の企業でした。それが地域経済における付加価値の創造につながり、価値の創造が行われていると理解した地域は、地域内のお金、投資によりさらなる投資を実施しています。

 

その過程で生み出された市民エネルギー企業や組合や、その過程における自治体公社や自治体の役割は、ドイツのエネルギーシフトを読み解く文脈ではどうしても理解したいもの。それに答える形の内容になっています。

 

日本でもFITがはじまり、太陽光発電の設置が急増していますが、大手資本や大企業の投資が目立ち、なかなか地域内のお金で投資される状況には至っていません。地域外からのお金で再エネを設置しても、地域の外にお金、経済価値はそのまま逃げてしまいます。

 

だからこそ、すでに実績があるドイツの事例は参考になります。人口減少の地域社会で、今、経済価値の創造を行うことのできる最大の対象がエネルギーです。このチャンスを日本全国の地方が活かすことを願ってやみません。

0 コメント

24

3月

2014

訳書出版『メルケル首相への手紙 ドイツのエネルギー大転換を成功させよ』

世界最大の再生可能エネ施設のデベロッパーJUWI社の創業者マティアス・ヴィレンバッハー氏のベストセラー『メルケル首相への手紙~ドイツのエネルギー大転換を成功させよ』の出版日が確定いたしました。

クリスマス・プレゼントということで、12/24の発売です(Amazon)。
Neues Bild

本書では、ヴィレンバッハーがメルケル首相にアンモラル(?)な提案を行います。もし、これまでのように彼女が既存エネルギー大手の言いなりで既得権益確保 のためにエネルギーシフトを阻害し続けるのではなく、適性な枠組みを政治として形作り、エネルギーシフトを推進するなら、彼の所有するJUWI社の全株式 を提供するというディールです。

私はとくにドイツ・バンザイ主義ではありませんし、ドイツでもエネルギーシフトに対しては、当然、推進派 と懐疑派がいることは承知しています。またエネルギーシフトに対する抵抗勢力も大きなものがあります。しかし、手工業組合、農業関係者、さらに市民の大多 数は、エネルギーシフト推進側であることも現実として知っています。

現在未だに、秋の総選挙後の新政権の連立協議が終わっていませんが、 秋までの第二次メルケル政権(CDU/CSU+FDP)のエネルギー政策では、明らかに大企業へ利益を還元し、市民により大きな負担を強い、同時にエネル ギーシフトをなんとか押しとどめようとしていました。このへんのドイツの事情が、そのままに描かれている本書は、日本での議論に有益だと思い、本書の和 訳・出版をしようと決断しました。

本書の内容はおおまかに分けて以下の3つになります。

1.ヴィレンバッハーは大学生の ころ100万マルクをなんとか仲間と工面して最初の風車を建設します。そしてJUWI社の設立、その後の波瀾万丈の人生が続きます。彼の人生を通じて、再 生可能エネルギーのパイオニアがどのように最先端で考え、動き、対応しているのか、そしてその先に何が見えるのか、それをヴィレンバッハーが語ります。

2.ドイツのエネルギーシフトを取り巻く過去の経緯と現在の状況の分析について。

3.ドイツがエネルギーシフトできたとしたら、どのような形となっているのか、そのビジョンの提示とマスタープランの提案。

上記のどの部分についても、経営者で現実主義者である彼の論調は、学者やジャーナリストの視点とは異なり、なかなかこれまでにない、再生可能エネルギー関連 の著書だと思います。また、最先端の実践主義者の彼だからこそ提案する「洋上風力とスーパーグリッド、蓄電不要論」、同時に、既存の太陽光、陸上風力での 設備稼働率を倍増させる計画などについては、日本のこれまでの議論にはない新鮮なものです。

 

皆さん是非本書をお読みいただければと思います。

AMAZON

 

0 コメント

ドイツ・フライブルク市から地球環境を考える 村上 敦

長期エネルギー需給見通し2015の経産省案を受けて(その4)
それでは、最後に電源構成についてです。2030年に予測される設備容量ではなく、発電量で比べてみましょう。2008年度版「最大導入」発電電力量合計 8908億kWh、うち、・石炭      1481億kWh、17%・LNG      1463億kWh、16%・石油等     389億kWh、4%・原...
>> 続きを読む

長期エネルギー需給見通し2015の経産省案を受けて(その3)
それでは、電源構成の部門に議論を移す前に、2008年度版と2015年度版の一次エネルギー供給量で、何のエネルギー源を選択しているのかを考察してみましょう。また、2008年度版の「現状固定」と「努力継続」の2つのシナリオは、現実から乖離しすぎているので、この先の議論では...
>> 続きを読む

長期エネルギー需給見通し2015の経産省案を受けて(その2)
それでは、この部分で2015年に示された案では、どのように変化があるのか見てみたいと思います。まず、最終エネルギー消費量ですが、2013年の実績である361百万klから、予測では2030年には376百万klにエネルギー需要は上昇しますが、徹底した省エネルギー対策で13%程度の削...
>> 続きを読む

長期エネルギー需給見通し2015の経産省案を受けて(その1)
はい、久しぶりのブログ更新です。さて、経済産業省は2015年4月28日の委員会で、2030年のエネルギーミックス(電源構成)についての案を提示し、委員会のメンバーの大半がこの案を妥当だと評価しました。最終的な「長期エネルギー需給見通し」がどうなるのかについては、さら...
>> 続きを読む

ドイツ、電力大手イーオンの原発・石炭発電部門の切り離しについて
はい、皆さん、一昨日、11月30日の日曜日には、エネルギー部門の大きなニュースが流れました。ドイツの四大電力大手と言われる中でも、最大規模を誇るエーオン社(E.On)が、原子力・火力という既存型の発電事業を本体から切り離し、完全に分社化、そして本体とは切り離し上...
>> 続きを読む

FIT申請受付中断からいろいろ考えてみる
FBで一旦投稿したのですが、Twitterに連動されず、かつ、もう少し丁寧に膨らませてみたいと考えましたので、ブログにして記します。さて、日本のお話、FITの新規申請受付の中断、いわゆる九電ショックについてですが、マスメディアでも、SNSでもいろいろな情報が出ています。...
>> 続きを読む

ドイツのFIT法改正と再エネ停滞のはじまり(その9、終わり)
さて、今回のブログを読まれて、皆さんいかがお感じになりましたか?私は職業として、2000年のEEG法施行(本格的FIT始動)から、ドイツのエネルギー政策を眺めていますが(そして2002年からはジャーナリストとして日本にそれを伝える仕事をしいていますが)、この改正の法案...
>> 続きを読む

ドイツのFIT法改正と再エネ停滞のはじまり(その8)
7.陸上風力発電設置禁止区域の設定を可能とする条項太陽光、バイオマスと続いて、陸上風力発電を封殺するための最後の要としてEEG法に新しく併設されることになる「州による陸上風力発電設置禁止区域の設定可能」条項があります。これは、バイエルン州のCSUによって考案さ...
>> 続きを読む

ドイツのFIT法改正と再エネ停滞のはじまり(その7)
5.直接販売措置&フィード・イン・プレミアム(FIP制度)への移行 これまでのドイツのEEG法は、イコールFIT制度でした(2012年の改正で半数の風力、大型バイオマスの一部はFIPに移行しましたが)。優先、全量、固定価格での買取が基本です。もちろん、市場原理に対応しよ...
>> 続きを読む